HOME>イチオシ情報>様々なスタイルに対応可能、選択が広がる高校進学について
授業

高校には3つの教育課程があります

義務教育である中学校とは異なり、高校の教育課程には全日制、定時制の他に通信制もあります。どの教育課程においても三年以上の在籍期間が定められており、卒業すれば高校卒業となります。全日制とは異なり、自分のペースで勉強を進めることができるため時間を自由に使えるというのが一番のメリットといえるでしょう。また、定時制は1日4時間程度の授業がありますが、通信制では毎日の通学が必須ということはなく、通う回数を自分で決めることができます。またレポートやスクーリング、テストなどの条件をクリアすれば卒業することができます。時間に自由がきくということで、働きながら勉強して卒業することも可能です。その一方で、不登校などの問題を抱えた生徒にも対応するための手厚いサポートを前面に出した学校もあります。芸能活動などのために通信制高校を選択するのも一つの方法です。

学費かサポート体制か

通信制高校にも公立と私立があります。公立の通信制高校では一般的に学費は安く設定されており、年間1~3万円程度です。一方の私立は公立に比べて高く、年間18万円からとなっています。その分、私立では、サポート体制も整っており、学習の進め方やレポートの書き方などの指導があったり、スクーリングの日程も利用しやすくなったりしています。通ってくる生徒の状態にあわせたサポート体制も私立の方が優れており、不登校や発達障害などで、全日制に適応できなかった生徒に対する専門的なカウンセリング体制を備えている学校もあります。そのため、入学者に対する卒業率も私立の方が高めです。働きながら高校卒業資格をとるのが目的なのか、全日制にはないサポートを受けるのが目的なのか、通う目的を考えて学校を選ぶのがポイントと考えられます。